【レディなメイクを】ETVOS/クリスマスコフレ2019 パーフェクトセットレビュー

f:id:MayAoyama:20191110160739j:plain

ETVOSの2019年のクリスマスコフレのテーマは「レディメイク」。ピンクブラウンのアイシャドウやローズレッドリップなど、まさしく"華のある女性になれる"アイテムが揃ったコフレです。

ここ2週間に渡り投稿してきた今年のホリデーコレクションやクリスマスコフレレビューですが、これが私の今年最後のホリデーコレクション関連のレビュー(の予定)です。

以下、このクリスマスコフレのレビューを記します。

 

■クリスマスコフレ2019 パーフェクトセットレビュー

・発売日:2019/11/06
・価格:15,000円(税抜)
・総合点 ★★★★★(5.0点/5.0点)
※コフレのうち、既に使用したコスメアイテムだけの評価です (★4つ以上がおすすめ)。

 

 

■セット内容

f:id:MayAoyama:20191110160858j:plain

クリスマスコフレの案内

ETVOSの今年のクリスマスコフレは二種類あり、パレットとリップとアイクレヨンの三つのコスメが入ったタイプと、それに更にスキンケアアイテム三品が追加されたパーフェクトセット。
私は以前からETVOSのスキンケア製品に興味があったのもあり、スキンケアアイテム付きのパーフェクトセットを購入しました。
セット内容詳細は以下の通り。

f:id:MayAoyama:20191110161004j:plain

・1.ミネラルアイ&チークカラーパレット(#レディメイク限定品)

・2.ミネラルアイクレヨン(#シャイニーボルドー限定品)

・3.ミネラルスノーパウダー限定品

・4.ミネラルリップビジュー(#メロウレッド限定品)

・5.2019クリスマスコフレオリジナルポーチ(限定品)

・6.モイストアミノフォーム 90g

・7.モイスチャライジングローション 150ml

・8.モイスチャライジングセラム 50ml

・9.予約特典ブラシ

・10.薬用 ホワイトニングクリアセラム(サンプル)

 

■各アイテムの色味や使用感について

 

スキンケアアイテムはまだ使用していないので、以下メイクアップアイテムについてのみ記します。

◇1.ミネラルアイ&チークカラーパレット(#レディメイク限定品)

f:id:MayAoyama:20191110161054j:plain

アイシャドウ四色とチーク一色がセットになったパレット。
アイシャドウの色味は右上から、キラキララメとパール感がクリスマスらしいベージュホワイト(A)、左上のくすみベージュピンク(B)、左下の少し赤みとブラウンみのあるローズピンク(C)、右下の赤みのあるココアブラウン(D)の組み合わせ。
右にあるチーク(E)はふんわり発色のピンクベージュです。
クリスマスコフレということでどのカラーもラメの入ったツヤ系の質感で、特にアイシャドウのハイライトカラー(A)はキラキラ感が強く、華やかな色です。
逆に他のカラーはツヤ系ではあるものの、そこまでキラキラ感は強くなく、色味も甘すぎない大人のピンクです。A以外のカラーでメイクすれば、日常のお仕事メイクなどにも使える、使い勝手の良い色が揃っているパレットだと思います。

似た色味のアイシャドウだと、フラロッソのインテンソアイシャドウのPK01、SUQQUの絢撫子あたりには近いものを感じます

◇2.ミネラルアイクレヨン(#シャイニーボルドー限定品)

くすみローズブラウンのアイクレヨンで、アイシャドウとしても、アイライン的にも使えます。
色名にボルドーが入っているので、最初は私の苦手な青みのアンダートーンがあるのかと警戒していたのですが、私の肌では青みは殆ど感じず、普通に使いやすいピンクブラウンに発色します。
ETVOSのアイクレヨンを使うのは初めてだったのですが、似たクレヨンタイプのアイカラーだと、ローラメルシエキャビアステイックを所有しています。ローラメルシエキャビアステイックは描いてすぐ肌に密着して滲まなくなるのですが、それに比べると、このアイクレヨンは速乾性はあまり無い感じです。ただその分ぼかしやすいので、私ならこのアイクレヨンはアイシャドウとして使う一択かな…という感じです。

◇3.ミネラルスノーパウダー限定品

限定品のフェイスパウダーは、ラメとパール入りツヤ系の質感のシャンパンベージュカラー。
ベースメイクの仕上げにサッとブラシで顔にのせると、華やかなツヤ肌に仕上がります。
ミネラルコスメでツヤ系のパウダーは多くないと思うので、肌をツヤ系にしたい時には重宝しそう。

◇4.ミネラルリップビジュー(#メロウレッド限定品)

この限定リップカラーは、見た目と塗ってみた時の感じが結構違います。
画像では赤!という感じなのですが、唇に塗ってみると、私の唇では赤みの強いピンクのように発色します。ひと塗りだと透け感があるので、カジュアルなファッションにも合わせられるます。重ね塗りしてハッキリ発色させると、レディな雰囲気にもできます。
一口に赤リップといっても、塗ってみると青みや黄みのアンダートーンが出てきて、見た目の色と違う事が多い気がするのですが、このリップはあまり青みにも黄みにも寄ってない感じがします。
赤リップの中では使いやすい色味ではないでしょうか。

 

■おわりに

このクリスマスコフレのコスメは、華やかさはありつつも、リップ以外は全体的にベーシックな色味が揃ってるので、日常使いもしやすい内容となっています。
今年買ったホリデーコレクションのコスメは、今回のETVOSを含め、どれも「ホリデー以外の時期も、日常でガンガン使えそうな内容か」という点を重視して選んだつもりなので、その点では大成功だったと思います。
まだこのコフレのスキンケアは開けていないので、使い始めるのが楽しみです。

f:id:MayAoyama:20191110161942j:plain

現在使用中のものがあるため、まだ未開封のスキンケア三品

 

【お得すぎるホリデー限定チークパレット】クリニーク/チーク ポップ ホリデイ コレクション「ウォーム」レビュー

f:id:MayAoyama:20191109191653j:plain
コフレの情報が秋始めに出た時から、これは絶対買うと決めていた一つが、クリニークのチークポップパレット。
去年のパレットにも大変満足していたので、オンライン予約開始日に予約し、クリニークのホリデー限定の三色入りチークパレットを二年連続で購入しました。
人気のチークポップ(定価3,300円)が三色入って4,700円という、太っ腹すぎる価格だけあって今年も大人気だったこのチークパレットを以下レビューします。

 

クリニーク/チーク ポップ ホリデイ コレクション

・発売日:2019/11/06
・色名:ウォーム
・価格:4,700円(税抜)
・総合点 ★★★★★(5.0点/5.0点)
(★4つ以上がおすすめです)

 

■パッケージf:id:MayAoyama:20191109191829j:plain

去年のチークパレットはシンプルな白地にロゴが入ったケースですが、今年は表面にスパンコールのようなキラキラがたくさん塗られたケースに入っています。
キラキラしていて華やかで、箱を開けた時は一瞬テンションが上がりました。が、間近で見るとスパンコールの凸凹が、何ともいえない「工作感」があり、ちょっとチープさを感じざるを得ません…。ケースだけ見ると、3coinsや百均で売ってそう。
中身だけでお得すぎるので、ケースに贅沢言うのもアレですが、ケースは正直好みが分かれる所だと思います。
パレットはマグネットで開閉するタイプで、よく言えば開けやすいです。というのも、既存のチークポップの透明ケースは少し開けるのにコツがいるので、急いでメイクしてる時などは使いづらいのですが、このパレットならサッと開けられるので、忙しい朝にも使い勝手が良いです。ただしっかり閉まらない分、持ち運びにはあまり向かないかな、という印象。

 

■色と使用感

f:id:MayAoyama:20191109191907j:plain


今回のホリデーのチークパレットは、ウォームとクールの二種類発売され、私が買ったのはウォームの方です。
クールの方はバレリーナポップ(限定色)、パンジーポップ(既存色)、ヘザーポップ(限定色)という組み合わせで、人気だった限定色が2つも入っていた為争奪戦だったようですが、私は去年のチークパレットに入っていたパンジーポップが被ってしまうのもあり、ウォームの方だけ購入しました。

このウォームタイプは、左からブラッシュポップ(既存色)、ソルベポップ(既存色)、コーラポップ(限定色)の組み合わせで、その名の通りウォームトーンの組み合わせです。
三色ともマットな色味に少しラメが入っているのですが、そこまでラメ感は強くないので、ツヤが苦手な人もいける質感だと思います。
ブラッシュポップは水彩画の花のようなふんわりとした黄み系ピンク。発色が淡めで肌馴染みがよいため、ピンクが苦手な人も使いやすい色味です。
ソルベポップは、名前通りシャーベットアイスのようなイエローチークで、こちらもふんわり発色。単体で使ってもいいのですが、イエベの私はパーソナルカラー的に難しそうな色(例えばパープル等の青み系カラー)を使う時、これをベースにして重ねて使うと、苦手な色味も馴染みやすく使えるので、非常に便利な色だと思いました。
コーラポップはレンガのような、赤に少しのブラウンが入った深みのある、ハッキリとした発色。他の色と同じように使うと、私には濃すぎてしまうので、ブラシで取った後に一回手の甲に乗せ、粉を少し落として色を調整してから塗ると、失敗しにくいです。単体で使うと少し難しそうな色味なのですが、他の薄い二色をベースにしてこのコーラポップを使うと、良い感じのグラデーションが作れるので、こちらも重ね付けするのが好きです。
三色ともウォームトーンの色味なので、全体的にイエベの私の肌には馴染みやすいカラーです。

 

■おわりに


ブラッシュポップとソルベポップは大変使いやすく、コーラポップも秋冬らしい赤みカラーで、思ったより使いやすい組み合わせでした。
私は普段、コーラポップのような濃いカラーのチークは使わないので、最初難易度が高く思えたのですが、だからこそ、このパレットのお陰でメイクの幅が広がったとも言えます。
二年連続で購入したクリニークのチークパレットですが、今年も非常に満足度が高かったです。
今後もクリニークからチークパレットが出たら、多分買ってしまうと思います…。

 

mayaoyama.hatenablog.com

【ホリデー限定アイシャドウ】CHANEL/レキャトルオンブル「342 ルミエール エ オピュロンス」レビュー

f:id:MayAoyama:20191103102006j:plain

11/1に発売された、CHANELの今年のホリデー限定レキャトル。まず見た目に一目惚れ。その後で実物のサンプルを見て、ツヤ感と使いやすい色味を確認し、絶対買う、と予約開始日に予約しにいった一品です。

以下、この秀麗なアイシャドウの魅力をレビューします。

 

CHANEL/レキャトルオンブル
・発売日:2019/11/01
・色名:342 ルミエール エ オピュロンス(限定)
・価格:7000円(税抜)
・総合点 ★★★★★(5.0点/5.0点)
(★4つ以上がおすすめです)

 ■パッケージf:id:MayAoyama:20191103102121j:plain

ホリデー限定のこちらのレキャトルは、まず見た目からして従来品のレキャトルと趣を異にしています。
今年のホリデーコレクションはビザンチン装飾にインスパイアされたということで、ビザンチン装飾のロゼットのようなモチーフがコスメにあしらわれているのが印象的。このモチーフはアイシャドウ表面の押し模様になっているだけではなく、アイシャドウのパッケージにも押し加工としてプリントされています。
そして、パッケージを開けたアイシャドウのCCマークも、ゴールドカラー!このホリデー限定のワクワク感、たまりません…。

f:id:MayAoyama:20191103102230j:plain

※参考:ビザンチン装飾のロゼットの例

 

■色と使用感f:id:MayAoyama:20191103102303j:plain

この限定レキャトル342番は、色名「LUMIÈRE ET OPULENCE(光と豊かさ)」の通り、ゴージャスなツヤ感とゴールド系カラーが印象的な組み合わせのパレットとなっています。
反時計回りに、右上のピーチベージュ(A)、左上のオリーブグリーン(B)、左下のオリーブゴールド(C)、右下のココアブラウン(D)という、ゴールドやカーキといった、黄み系カラー中心のパレット。
CHANELのレキャトルは、グリーンのパレットがこれまで何度も発売されてきましたが、こういうカーキ系のグリーンというのはあまり無かった印象です。
全体的にくすみ系カラーのパレットなのですが、質感はパールやラメの入った、ホリデーコレクションらしいツヤ感なので、まぶたに塗ると、色の見た目の重さをあまり感じません。
私のパーソナルカラーがオータムで、オータムの人はカーキが一番似合うタイプとされているからかもしれませんが、見た目よりもかなり使いやすい色味です。
私の場合、まぶたに塗るとカーキのグリーンぽさはあまり目立たず、ブラウンのアンダートーンが割とはっきり出てくるので、カーキのニュアンスがプラスされた、ブラウンアイシャドウという印象に仕上がります。
カーキ系カラーのアイシャドウは、大抵カジュアルな印象になりがちだと思うのですが、そこはCHANELだけあり、派手すぎないツヤ感と、色味のバランスが絶妙で、この系統の色味には珍しくドレスダウンした印象になりません。
年々年を重ねてきてその魅力が分かってきたのですが、CHANELのコスメは最先端のモード感を詰め込みながらも、決して派手になりすぎず、日常的な場面で使える品の良さがあると思います。ここ数年流行りのラメ感の強いアイシャドウや、外資系ブランドの発色の良いアイシャドウも好きなのですが、CHANELのアイシャドウは、ハレでもケでもない、ちょっと上質な日常を送れそうな気分にさせてくれます。
今回のホリデーもまさしくそれで、ホリデー限定の特別感やラグジュアリーさはありつつも、あくまで日常生活での使いやすさがあります。

 

■おわりに


品の良さと、モード感、そして使いやすさのバランスが絶妙で、これぞまさしくCHANELというエッセンスの詰まった一品です。
見た目よりも実際はかなり使いやすい色味なので、気になった方はカウンターでタッチアップをおすすめしたいです。
アイシャドウの押し模様が美しすぎて、なかなか使うのに勇気がいるのが、唯一の欠点でしょうか。

「10月のプチプラコスメ購入品まとめ」

f:id:MayAoyama:20191102164818j:plain
ホリデーコレクションを控えた直前の10月は、あまりコスメを買わないようにしていたのですが、なんやかんやでプチプラコスメを購入していました。
以下、備忘録的なレビューです。

 

エチュードハウス「プレイカラーアイズ」

f:id:MayAoyama:20191102165107j:plain

・色名:メイプルロード
・価格:スタイルコリアンで1600円
(※日本での定価は2700円)
・総合点 ★★★★☆(4.0点/5.0点)
(★4つ以上がおすすめです)

・色味や使用感についてf:id:MayAoyama:20191102165031j:plain

アイシャドウは死ぬほど持っているので、発売当初は買う気が無かったのに、たまたま他のコスメをスタイルコリアンで漁っている時に1600円でセールになっていたため、購入。
9色入りで、そのうち3色がグリッター系(A,C,D)、残り6色がマット系。全体的にマット系カラーが多めの配分で、秋らしいパレットとなっています。
色味はパレット名のメイプルロードの通り、紅葉した楓の葉のような、赤みよりの黄み系カラーやブラウンカラーが中心です。
最初見たときは赤みが強すぎないか心配だったのですが、画像の通りふんわり発色なため、日常使いもしやすい色味です。
似たアイシャドウでDiorのバックステージのアンバーを持っていて、被るかと思ったのですが、実際はかなり違いました。Diorのアンバーは欧米ブランドらしく、発色がエチュードハウスより良いのと、ブラウン系が多めでもっとダークトーンです。
ナチュラルメイクならメイプルロード、モード系ならDiorのアンバーと、私は使い分けしています。
ちなみに粉質は正直そんなに良くないのですが、アンダー2000円で9色入りなら、お値段以上かなと思います。
エチュードハウスは単色のルックアットマイアイズの粉質は素晴らしいのに、多色パレットになると粉質が落ちるものが多いのが残念…。同じ韓国メーカー多色パレットなら、ホリカホリカとかの方が正直粉質は上だと思います。
(というか、ホリカホリカのアイシャドウパレットがコスパ良すぎるだけかもしれない…)

f:id:MayAoyama:20191102165150j:plain

(※画像はエチュードハウス公式サイトより)
公式サイトのメイク画像みたく、敢えてグリッターは使わず、全部マットで仕上げても凄く秋っぽくていいと思う。

Play Color Eyes #Maple Road - EYES


■CLIO「プリズムエアハイライター」f:id:MayAoyama:20191102165339j:plain

・色番:01Golden Sheer
・価格:Qoo10公式で約1900円
・総合点 ★★★★☆(4.0点/5.0点)
(★4つ以上がおすすめです)

・色味や使用感についてf:id:MayAoyama:20191103040523j:plain

02のフェアピンクは前から持ってたんですが、黄み系のハイライトが欲しくなり、01ゴールデンシアーを追加で購入。
両方を比較すると、01の方がかなり使いやすいです。01はラメが小さく光の反射が自然なので、鼻筋から頬骨の上まで、使うパーツやメイクのバリエーションをあまり選びません。
それに対し02のフェアピンクはラメが大きく、チラチラ光る偏光系のハイライターなので、頬骨の上(チークを置く位置の上あたり)に使うと可愛いのですが、鼻筋などに塗ると不自然な感じになりがちです。
2つを使い分けするとすれば、01はおでこや鼻筋といった顔の中心に、02はピンクの血色感を生かして、頬骨の上に、という風な分け方が良いと思いました。
手持ちのハイライターだと、以前Lipsにレビューを上げたWet n Wildのメガグロウハイライターに近いのですが、あれより粒子が細かくて、自然な光り方です。

 

フーミーブレンドチークカラー」

f:id:MayAoyama:20191102165439j:plain


・色番:ポピーレッド
・価格:1800円(税抜)
・総合点 ★★★★★(5.0点/5.0点)
(★4つ以上がおすすめです)

・色味や使用感についてf:id:MayAoyama:20191102165539j:plain

フーミーのコスメはプチプラとは思えない高品質なものがよくありますが、このチークもその一つ。
ややピンクみがあるホワイト(A)に、黄みがかった朱赤(B)、ピーチピンク(C)という三色の組み合わせ。
全体的に程よくマットなふんわり発色で、頬に自然な血色感が出せます。この自然な血色感というのがポイントで、左の二色を混ぜて使うと、本当に上気した頬のような赤みが出せるので、一緒に使うアイシャドウやリップの色味を選ばず、どんなメイクにも合わせやすいです。
ホワイトはハイライトとして使っても良いですのですが、個人的に好きなのは、左の二色を塗った上からブラシでサッと重ねるやり方で、これだと赤みが程よく抑えられて、より本物っぽい上気した頬が作れるのが良いです。
今回紹介する中で一番のオススメ。

■KATE「デザイニングアイブロウ3D」f:id:MayAoyama:20191102165731j:plain

・色番:EX-06(レッドブラウン)、EX-07(オリーブグレイ)
・価格:1200円(税抜)
・総合点 ★★★★☆(4.0点/5.0点)
(★4つ以上がおすすめです)

KATEから今限定色で出ているアイブロウ二色。
06のレッドブラウンは、秋らしい赤み系のアイメイクに合わせやすいし、07のオリーブグレイはカーキのアイシャドウや、スモーキーなアイメイクに合います。
眉って顔のパーツの中でも一番流行りのサイクルが早く、定期的に更新しないといけないアイテムだと思うのですが、プチプラで流行カラーのアイブロウを手に入れられるのは素晴らしいです。
色だけなら満点なのですが、KATEのアイブロウパウダーは、個人的にあまり色持ちは良くない気がしていて、朝描いて夕方位には結構薄くなっていることが良くあります。
※対策としては、アイブロウを描くにアイシャドウベースを塗り、その上から描くとかなり色持ちは改善します。

 

■おわりに


年末にかけてホリデーコレクションの話題が多くなると、あまりプチプラコスメに興味がなくなるのですが、今年の10月に出会ったプチプラコスメは優秀だったなぁという印象。
お値段が可愛い分、普段使わない色でも流行を取り入れたりしやすいのが、プチプラコスメの嬉しいところですね。

【お得すぎて意味が分からないクリスマスコフレ】ベアミネラル「プレミアムメイクアップホリデーキット2019」

f:id:MayAoyama:20191027010414j:plain

  この時期にコスメ好きの間で交わされる挨拶といえば、
「どうよ、ホリデーコレクション買ってる?」
かと思いますが、私もホリデーコレクションを既に一つ入手しました(そして3つ予約中)。
 そしてその今年最初に買ったホリデーコレクションが、ベアミネラルの「プレミアムメイクアップホリデーキット2019」です。
そもそもはアイシャドウとチークが入ったパレット目当てに購入したのですが、これが予想以上の当たりコフレでした。
以下、このホリデー限定キットの魅力をレビューします。

ベアミネラル「プレミアムメイクアップホリデーキット2019」


・発売日:2019/10/25
・価格:9800~10200円(税抜)
・総合点 ★★★★★(5.0点/5.0点)
(★4つ以上がおすすめです)

 

■セット内容:


・A:ジェン ヌード アイシャドウ & ブラッシュ パレット オアシス(キット限定品)
・B:好きなリップ製品(現品サイズ)→自分は「ベアプロ ロングウェア リップスティック」のゼラニウムを選択、定価3,200円(税抜)
・C:ミネラルベール フィニッシング パウダー 9g(現品)、定価3500円(税抜)
・D:ラッシュトピア メガ ボリューム マスカラ 15mL(現品)、定価3200円(税抜)
・E:スキンロンジェヴィティ デラックス(サンプル 7.5mL)
・F:オリジナルポーチ

 

コスパとこのコフレの特徴について

f:id:MayAoyama:20191027041412j:plain

上のセット内容を見て分かる通り、こちらの限定キットは6アイテムで定価約一万円なのですが、現品サイズのリップ(B)、フェイスパウダー(C)、マスカラ(D)が含まれており、その3点だけで、このコフレの定価の約一万円になります。
それにアイシャドウ・チークパレット、美容液サンプル、ポーチが更に入ってるという、訳の分からないお得さ。
私はもともとパレット目当てで予約しにいったので、コスパについてそんなに考えてなかったのですが、後で超お得な内容だと気づきました。
「担当者の人、頭でも打ったん…?」
と思わず心配してしまう位の、驚異のコスパの良さです。
しかも個人的に良いと思ったのが、リップのタイプや色を好きに選べること。私はマットタイプの「ベアプロ ロングウェアリップスティック」を選択したのですが、新作のメタリックリップやグロスなど、6種類の好きなタイプから、好きな色を選べるのはありがたすぎて…。
リップはアイシャドウやチーク等の粉ものよりも、合う合わないが結構ハッキリするアイテムだと思うので、好きなタイプと色を選べるというのは大変嬉しい。
今年のホリデーコレクションは、シュウウエムラピカチュウコラボや、ボビイブラウンSUQQUMACあたりの話をよく耳にしますが、このベアミネラルのキットは意外と話題になっていないイメージ。
いま話題になってないのが不思議なレベルでめちゃくちゃお得だし、満足度が高いです。迷ってる人は、売ってるうちに早く買ったら良いと思います(強気)。

 

■各アイテムについて


この限定キットに含まれてる各アイテムについて以下記します。

◇ジェン ヌード アイシャドウ & ブラッシュ パレット オアシスf:id:MayAoyama:20191027041203j:plain

・見た目
アイシャドウ8色とチーク2色がセットになったパレット。容器はセフォラとかで売ってるパレットとかによくある、紙で出来たタイプのやつなんですが、波紋が浮き出たようなパッケージの特殊加工がゴージャスで、紙であることを感じさせない、見た目の高級感があります。
ていうか、こういうの何加工って言うんですかね?どこの印刷所ならやってくれるんです?分かる方いたら教えて下さい(同人的な好奇心)。

・質感と粉質について
アイシャドウは8色で、そのうち一番左下の1色だけがマットで、他はパールやラメが入ったシマー系カラーで、全体的にツヤ系組み合わせになっています。
ベアミネラルのアイシャドウを使うのが初めてだったのですが、まず粉質の良さに驚きました。パウダーアイシャドウなのに凄くしっとりしていて、粒子が細かく、ボカしやすくて、筆でグラデにしやすいです。
肌に負担なクレンジングを避けたいので、私はミネラル系コスメをそこそこ使うのですが(主に平日)、ミネラルコスメのアイシャドウって大体粉っぽい質感が多く、アイシャドウベースがないと粉落ちしやすかったりします。
ですが、ベアミネラルのこのアイシャドウにはその欠点がなく、ミネラルコスメのアイシャドウの粉質に不満があった自分でも、満足できるクオリティです。
アイシャドウに対して、パレット両端に配置されたチーク2色は両方ともマット系の質感です。発色が良い上に、プレスが緩めでブラシに付きやすい粉質なので、ブラシでチークをのせる時は、少しコツがいると思います。
アイシャドウがツヤ系で、チークがマットなので、このパレットだけで目元とチークを仕上げると、非常に質感のバランスがよいです。同じパレットに入ってるだけあり、アイシャドウとチークの色味の統一感があるので、何も考えずに適当にメイクしても、目元とチークがちぐはぐな感じにならないのが◎。

f:id:MayAoyama:20191027041334j:plain・色味について
アイシャドウ8色のうち、A~Gがパール入りのシマー系、Fのブラウンがマット系です。
アイシャドウは全体的に肌馴染みが良いゴールドやブラウン系のパレットで、使いにくい色がないので、本当に捨て色がないです。
唯一変わってるなと思ったのは、Aのホワイト。これは見た目は真っ白なのですが、肌にのせるとピンク(ラベンダー)のアンダートーンが出てきて、透明感のある色味に変化します。目の下にのせて白目の透明感を強調しても良いですし、ハイライトとして使うのも有りな色です。
チーク2色はどちらもピンク系なのですが、左のGがピーチっぽいピンクで、つけると健康的な印象になるカラー。それに対して右のHはローズ系で、Gより少しくすみ感があり、落ち着いた大人のピンクです。画像の通りGは色名が「モーヴ・マントラ」なのですが、モーヴという名前の割には、グレーみも青みもほぼ感じません。むしろモーヴだと思ってブルベの人がもし使ったら、これ違うじゃん、ってなるやつです。
アイシャドウもチークも使いやすい色味かつ、全体的に黄みが入ったカラーが多いので、私みたいなイエベの人は特に重宝するパレットだと思います。

 

◇選べるリップ:ベアプロ ロングウェア リップスティック(カラー:ゼラニウム)f:id:MayAoyama:20191027041442j:plain

選べるリップは新発売のメタリックリップが人気のようでしたが、私は秋冬らしいマットなタイプを選択。色はゼラニウムという色で、ややブラウンみがある赤レンガのようなカラー。
私はパーソナルカラーがオータムなのですが、この色をつけると顔色が明るく見えるので、かなり相性が良いんだと思います。
とにかくつけ心地が軽く、ストレスフリーな使用感が◎。ミネラル系のリップなので、マットリップの割には乾燥をあまり感じないです。そしてロングウェアという名の通り、ミネラル系リップなのに、色持ちが良い!
ティントとかに比べると、さすがに色持ちは負けるのですが、普通のリップと比べても色持ちはよく、普通に水を飲む程度ではそこまで色が落ちません。が、さすがに食事したらガッツリ落ちます。
私はそこまで唇が敏感な方ではないし、皮向けもそんなにしないのですが、とにかくつけ心地が良いので、唇に負担になってない感じが楽です。

 

◇ミネラルベール フィニッシング パウダー


こちらも9gの現品サイズ。マットタイプなので、肌のテカりは抑えてくれます。
カバー力はあまりないのですが、適度に肌の質感をフォギーに補正してくれる感じが良いです。
そしてリップと同じく、こちらもつけ心地が軽いです。最近よく使ってるMiMCのクリーミーファンデの上から使ったら、殆ど肌に何もなってないかのような感じで1日過ごせました。そしてメイクを落とした後の肌疲れも感じませんでした。

 

◇ラッシュトピア メガ ボリューム マスカラ

ボリュームタイプの黒マスカラで、本当に結構ボリュームが出ます。目力重視の人は好きなマスカラだと思います。
私はあまりマスカラにボリューム力を求めていないのですが、そこまで重ねない限りは、不自然なボリュームにはならないのが◎。
まつげのカールも持続しやすい気がするのですが、フィルムタイプではないゆえ、残念なのはオフしにくい点。
とはいってもポイントメイクリムーバーか、オイルクレンジングなら普通に落とせるレベルですが、私が最近平日使ってるのはビオデルマのウォータークレンジング。肌が乾燥しやすい秋冬は、肌負担が少ないクレンジングを心掛けてるので、モノは大変良いのですが、春まであまり使わなさそうです…。

 

◇スキンロンジェヴィティ デラックス(サンプル 7.5mL)

長命草やスーパーフードの成分を配合した、肌のバリア機能を高めるための美容液で、洗顔後すぐ使います。
こちらはまだ使ってないのでレビューできないのですが、旅行に持っていきやすいサイズなのが嬉しいです。
全然関係ないけど、よく沖縄行くんですが、古き良き沖縄料理で付け合わせに出てくる長命草、あれ美味しくて好きですね。

 

◇オリジナルポーチ


合成素材なのに革のような質感で高級感があり、大容量なのでかなり使い勝手が良いポーチです。正確な大きさは、H13.5×W22×D5.5cm。
コフレとかコスメの特典でついてくるポーチが家にたくさん眠ってるのですが、コスメのおまけ的なポーチって、たいてい小さかったり薄かったりしませんか。実際物を収納するのに使い勝手が悪かったり、質感がチープだったりする事が多かったのですが、このポーチはこれだけで普通にお店で売ってそうな位、デザインもシックだし、使いやすいです。
旅行でがっつりコスメを持っていく時に絶対使います。

 

■おわりに


今年最初に買ったホリデーコレクションで、いきなり大当たりを引いてしまい、驚いています。
質もコスパも非の打ち所がないので、気になってる方には全力でオススメできるキットとなっています。


■おまけ:他に購入予定のホリデーコレクションについて

 

ちなみに、現段階で予約済みのホリデーは、以下の通り。

CHANELのホリデー限定レキャトル

f:id:MayAoyama:20191027163418j:plain

https://www.wwdjapan.com/articles/918613より

 ホリデー速報第一段で見たときは地味に見えたのですが、予約開始当日にカウンターに見に行ったら、ピーチベージュ、ゴールド、カーキブラウン、ココアブラウンの組み合わせが予想以上に使いやすく、しかもパーソナルカラー的にもドンピシャだったのでその場で予約。CHANELのレキャトルでグリーンアイシャドウはこれまでも発売してましたが、鮮やかすぎたり、逆にグレーみやくすみが強すぎたりしてダメだったんですが、これはいけるカーキでした。

 

・ETVOSのクリスマスコフレ

f:id:MayAoyama:20191027163923j:plain

https://www.fashion-press.net/news/53962より

こちらはピンク系のチーク・アイシャドウパレットに、リップ、アイライナー、フェイスパウダー等とスキンケアがポーチ付きでセットになった限定キット。ネットではアイシャドウがブルベ向きカラーという声もあったんですが、普通にイエベの自分も、というかパーソナルカラー問わず使いやすそうなピンクブラウン系のアイシャドウで、普通に合ったので、予約開始後にすぐ予約。スキンケア付きじゃないやつもあったのですが、私の肌はセラミド系のスキンケア製品と相性が良いので、試したくてスキンケア付きのにしました。


クリニークのチークトリオ(ウォーム)

 

f:id:MayAoyama:20191027165059j:plain

https://s.cosme.net/feature/coffret2019_cliniqueより

本体価格3300円のチークポップの現品サイズが3色入って4700円という、コスパがよすぎるチークトリオを、去年に引き続き予約しました。去年のチークトリオも良かった~。今回はクールタイプとウォームタイプの二種類発売だったので、イエベの私は何も考えずにウォームを予約。後で知ったのですが、クールタイプが人気すぎて、オンライン予約が瞬殺だったみたいです。

今年購入するホリデーコレクションは、世間の人気よりも、自分がちゃんと使えそうなものを厳選してみました。
クリニークのチークトリオ以外はそこまで激戦でもなかったのもあり、好きなものが全部予約できて嬉しいです。

【秋冬らしいボルドーアイシャドウ】 ナチュラグラッセ/アイカラーパレット2019年秋限定色「EX07ゴールドフィグ 」レビュー

f:id:MayAoyama:20190922133637j:plain
ナチュラグラッセの秋限定色「ゴールドフィグ」が先月末に発売され、購入していた私。
実はこれ、コスデコの秋コスメの引き取りに行った際、コスキチにたまたま立ち寄り、そこで発売前のサンプルに出会い、お洒落で秋らしい色味に惹かれて、一目惚れ。
ピーチピンク、カーキ、ボルドーという、組み合わせはかなりハイセンスで、発色もミネラルコスメとは思えない良さ…。
買ってからしばらく眠っていたのですが、最近気候が秋めいてきて、やっと開封
一気に秋らしい目元になる、こちらのアイシャドウについて、以下にレビューを記します。

ナチュラグラッセ/アイカラーパレット


・色番:EX07ゴールドフィグ(限定色)
・価格:3,600円(税抜)
・総合点 ★★★★★(4.5点/5.0点)
(★4つ以上がおすすめです)

■色味について

f:id:MayAoyama:20190922133740j:plain

色味のスウォッチ画像

左の肌馴染みの良いピーチピンク(A)、真ん中のカーキ(B)、右のボルドー(C)という、絶妙な色のチョイス組み合わせで、それが私が購入を決めた理由でもあります。
ボルドーというと青みのアンダートーンが入っているイメージがあり、イエベの私にはハードルが高い色という印象がありましたが、このボルドーは青みを殆ど感じず、ここまで使いやすいボルドーアイシャドウは初めて。お店でTUした時は驚きました。
パレットには分かりやすくグラデにしやすいブラウン等が入っておらず、代わりにカーキ(B)、アクセントカラーのボルドー(C)が入っています。
オーソドックスな使い方としては、ピーチピンク(A)はまぶた全体に塗り、カーキ(B)を二重幅あたりに、そしてボルドー(C)をアイラインのように目のキワに塗る…というやり方。
アクセントのボルドー(C)の入れ方で結構印象が変わるので、目尻にだけに持ってきたり、入れる面積を広くしたり…と、ボルドーの塗り方を変えるだけで、アイメイクのバリエーションが結構増えます。

ミネラルコスメは発色があまり良くないイメージがある人も多いかと思いますが、こちらのパレットは画像の通りかなり発色が良く、また適度なパールとラメ感もあり、上品なツヤ感です。

先日買ったCHANELのレキャトル344もそうでしたが、締め色らしい暗いカラーが入っていないアイシャドウパレットは、ここ最近流行ってきていますが、この商品もその1つかなと思います。とても今っぽいパレット。


※画像はナチュラグラッセ公式のビジュアルイメージ

f:id:MayAoyama:20190922133842j:plain

公式のビジュアルイメージ https://www.naturaglace.jp/user_data/colormake

■使用感について


ナチュラグラッセのアイシャドウは、ミネラルコスメということもあり、石鹸で落とせる成分で出来ています。
それゆえしっとりまぶたに密着するような使用感ではなく、パウダーアイシャドウらしい粉感があります。
私はナチュラグラッセのコスメは肌が揺らぎやすい時期によく使うので「肌に優しい分、粉っぽいのは仕方がないかな…」と思うのですが、ミネラルコスメとしての機能を求めてない人からすると、粉っぽさが気になるかもしれません。
粉落ちはアイシャドウベースの使用でかなり防げるのですが、ミネラルコスメのアイシャドウによくありがちな、粉落ちしやすいという欠点はあると思います。

 

■おわりに


ミネラルコスメとは思えない、高感度な色の組合せと発色に一目惚れして買ったのですが、とても使いやすく、この秋のアイメイクの主戦力になってくれそうです。
苦手なイメージのあったボルドーですが、このアイシャドウパレットのお陰で、ボルドーへの苦手意識が大分和らぎました。
ナチュラグラッセの限定色はいつも人気があり、店頭ですぐ売り切れになりがちですので、気になっている方はお早めにご購入の検討をオススメします。

 

■ちなみに

 ナチュラグラッセは去年の限定色のテラコッタカラーのアイシャドウも購入したのですが、そちらはLipsにレビューを投稿しています。

lipscosme.com

【店舗限定色の赤シャドウ】 CHANEL/レ キャトル オンブル「344 - ルウール アルダント」レビュー

■レ キャトル オンブル「344 - ルウール アルダント」レビュー

f:id:MayAoyama:20190916214414j:plain
9/13~9/23の間、シャネルが「ルージュ アリュール インク フュージョン」発売イベントを表参道で開催しているのですが、リップだけではなく、そこでアイシャドウ「レ キャトル オンブル」の344と348が発売されています。
この二色は9/13から店舗でも販売されているのですが、GINZAシックス等の一部店舗のみの取扱いという、店舗限定色になります。
以前から海外のインスタグラマーの投稿で、レキャトルの344が欲しいと思っており、日本発売を心待にしていた所、店舗のみではなく、CHANELの公式オンラインでも購入できる事が判明。
早速発売日に購入し、実物を目にしてその上品な赤パレットに夢中に。ウキウキと2日連続でこちらのアイシャドウでメイクをしています。

そんなレキャトル344番の魅力を、以下レビューします。

f:id:MayAoyama:20190916142221j:plain

CHANEL公式で購入したら、とても丁寧な梱包で到着

■シャネル/レ キャトル オンブル


・色番:344 - ルウール アルダント(店舗限定色)
・価格:6,900円(税抜)
・総合点 ★★★★★(5.0点/5.0点)
(★4つ以上がおすすめです)

 

■承前:CHANELの赤アイシャドウと私


私にとって、CHANELのコスメといえば、赤のイメージ。以前Lipsのリップのレビューにも書いたのですが、CHANELの赤には他のブランドにはない気品と魅力があると思っていて、いつもカウンターにいくと、つい赤のアイテムに惹かれてしまいます。
ここ数年のアイシャドウでは、所謂「赤キャトル」の愛称で有名なレキャトル268番や、限定の祭キャトルなど、赤系アイシャドウが発売され、大変人気を博しました。
去年赤キャトルが評判になった時、買う気満々で私もカウンターでTUしてもらいました。しかし悲しいことに、私はアイメイクを全部マット系でまとめると、疲れて見えるタイプ。
私のパーソナルカラーはオータムなので、マットな質感が得意とされているタイプなのですが、肌色が明るく、黄みが強くないニュートラル系であることや、目の色が明るめということもあり、コスメに関しては、オータム向けされているカラーが合わない事が珍しくありません…。
(※ちなみに服に関してはオータム系カラーが大体しっくりきます)
その為、色味が大好きなのにも関わらず、泣く泣く赤キャトル購入は断念。
その後もCHANELの赤シャドウへの想いを絶ちきれずにいたのですが、そんな時にたまたまinstagramで、このレキャトル344を知ったのが、もう何ヵ月も前のこと。
私が惹かれた点は、レキャトル344は赤キャトル(268番)と違い、パールやラメが入ったツヤ系カラーが中心のパレットであるということ。
「これこそが私の求めていた赤アイシャドウである」と確信した私は、日本で発売された際は絶対買う…と、その時心に誓ったのでした。

 

■色と質感について

f:id:MayAoyama:20190916200611j:plain

レキャトルオンブル344番 スウォッチ画像

このレキャトルオンブル344番「ルウール アルダント」は、ベースカラーのベージュホワイト(左上A)がマット系で、それ以外はラメやパールの入ったツヤ系中心のパレットです。
特に右上のピンク(B)はキラキラとした多色ラメの入ったカラーで、肌の上にのせると濡れたような上品なツヤ感がプラスされます。まばやきや、角度を変えるたびに、チラチラと光を反射する美しいカラー。ラメ入りですが、CHANELらしくあくまでも上品な輝き方なので、大人の女性がつけてもチープな感じにはなりません。
右下のベージュ系カラー(C)は肌馴染みが良い色で、パールとラメが入っているツヤ系カラー。ベースとしてまぶた全体として使ったり、下まぶたに入れて涙袋強調をしたりと使える、使い勝手の良い一色。
このパレットで一番目を惹く、左下のレッド(D)も、ラメの入ったツヤ系カラーです。画像では色味をはっきり出すために三度くらい重ね塗りしているのですが、実際の発色はもっとふんわりとした、キツすぎない発色です。まぶたに塗ると、目元が染まったような自然な血色感が出る色で、赤は赤でも、これは柔らかでフェミニンな赤です。さすが赤が得意なCHANELらしい、他のブランドにはない素敵なカラー。
この左下のレッド(D)は黄みが入った赤なので、黄み肌やイエベの肌の人にはかなり馴染む赤だと思います。
また、このパレットはブラウン等の濃い締め色が入っていないのと、ツヤ系の軽い質感なので、これだけでアイシャドウを仕上げると、残暑の今の季節でも暑苦しく見えません。
逆に秋冬の重い目元にしたい時は、このパレットに単色カラーの濃いブラウン等を足すと、秋冬メイクに対応可能だと思います。
通年使える、とにかく使い勝手のよいアイシャドウパレットです。
長い間欲しかった理想の赤アイシャドウが手に入り、ここ2日はアイメイクをするのが本当に楽しいです。

 

■おわりに


店舗限定なのが勿体ないくらい、素敵な赤アイシャドウパレットです。
店舗限定ゆえ、なかなか実物を実際試す機会が無い方も多いかと思いますが、ここ数年発売されたCHANELのパレットの中でもかなりのお気に入りなので、赤系アイシャドウをお探しの方には、ぜひオススメしたい一品です。

 

■参考:

シャネルが新リップ「ルージュ アリュール インク フュージョン」発売記念イベントを開催。